リーマンのスピリチュアル立ち往生日記-eSpirituaLiterature

スピリチュアルを日々の生活に取り入れながらはたらくリーマン

「白米」と「ワイルドライス」-スピリチャル・フーズ紀行ー

 ワイルドライスを食べたことはありますか?

 北米、北西中央部の穀物でもあるたんぱく質が豊富でビタミンやミネラルもたくさん含まれているものがワイルドライスとなります。

 

 

ワイルドライスとは

ワイルドライスはインディアンライスとも呼ばれ、五大湖地域のネイティブアメリカンとも呼ばれる)))の部族にとって重要な伝統的な食料源となっています。

この地域の多くのネイティブアメリカンの文化では、ワイルドライスを特別な米の精霊からの神聖なスピリチュアルな贈り物と見なしており、ワイルドライスの収穫に関連する多くのネイティブの儀式や儀式があるようです。

重要な食用作物であることに加えて、野生の米は、さまざまな商品と引き換えに自分たちでワイルドライスを収集することができなかった部族と取引されていたようです。

学術名:Z. aquatica、アメリマコモ
イネ科マコモ属の草の実。ミネラル分の豊かな水辺に自生しするマコモダケの種子。名
前にライスとつくので米の一種と混同されがちだが米ではない。近年ではスローフード食材として注目を集め、スープの具材や雑穀のブレンドなどにも活用されています。

ワイルドライスレシピ

典型的な料理では、チキンと一緒に出てきたり(写真左・中央)、あとはご飯一緒に炊いたりして調理されています。 

 

白米 vs ワイルドライス (栄養素比較)

米は世界中の主食であり、手早く簡単に準備でき、他のほとんどすべての食品との相性が良く、手頃な価格で手頃な価格です。

 

ワイルドライスを好んで食べられるアメリカでは、白米とワイルドライスが最も一般的に食べられるライスだそうです。

この2つ全体的な栄養だけでなく、味、食感、調理方法にも多くの違いがあります。

 

食物繊維は消化器系の健康を促進し、糖尿病や心臓病のリスクを低下させ、食べ物が胃や腸を簡単に通過するのを助けます。ワイルドライスなどの穀物は、優れた繊維源です。

なぜかというとこの3つの成分をすべてを含んでいるからです。

ぬか、胚芽、胚乳

 

ぬかや胚芽が白米精製された穀物で取り除かれると、多くの繊維が取り除かれます。

炊いた白米1カップには0.6グラムの繊維が含まれていますが、炊いた野生米のカップには3グラムの繊維があるとされています。

 

白米 vs ワイルドライス(タンパク質の比較)

たんぱく質は最も満足できる主要栄養素です。つまり、炭水化物や脂肪よりも効果的に満腹に保ちます。これは、体重管理、食欲調節、食事計画にとって重要です。炊いた白米のカップには4グラムのタンパク質が含まれていますが、炊いたワイルドライスのカップには約7グラムのタンパク質があります。これは玄米よりも優れています。

 

白米 vs ワイルドライスのどちらを選びますか?

すべての栄養カテゴリーで、ワイルドライスは白米よりも優れています。

ただし、いくつかの欠点があります。

 

・調理に2倍以上の時間がかかります(約45〜50分くらいか?)、

・白米よりも高価になることがよくあります。

費用と時間を節約できる場合は、代わりにワイルドライスに行くのは栄養的に価値がありますね。混ぜてもよいわけですし。

 

ワイルドライスの収穫と加工

もう少し詳しく説明すると、ワイルドライスはアメリカン・インディアンが数千年も前から特別の崇拝の念をもって食べ続けてきたイネ科マコモ属の草の実です。ミネラル分の豊かな水辺に自生しており10月の下旬にカヌーに乗って手摘みされます。

ワイルドライス収穫と加工

ワイルドライス

ワイルドライスは彼らの恒例の祭りや儀式には必ず供される大変神聖な食材のようです

 スピリチュアルフードといってもよいとおもいます。

ワイルドライス

実は、乾燥、脱穀、焙煎され冬の食料として蓄えられてきました。

ワイルドライス

  

 

Great Valley ワイルドライス 454g

Great Valley ワイルドライス 454g

  • メディア: その他
 

 

まとめ

 

ワイルドライス

・北米、北西中央部の穀物でもあるたんぱく質が豊富でビタミンやミネラルもたくさん含まれている

・炊いた白米のカップには4グラムのタンパク質が含まれるが、炊いたワイルドライスのカップには約7グラムのタンパク質があり、玄米よりも優れています。

アメリカン・インディアンが数千年も前から特別の崇拝の念をもって食べ続けてきたイネ科マコモ属の草の実