リーマンのスピリチュアル立ち往生日記-eSpirituaLiterature

スピリチュアルを日々の生活に取り入れながらはたらくリーマン

クレオールのDNAを持つ美人5<アメリカ・ルイジアナ編>ーニコール・リッチー ー

このブログは、40代 iSpiritsリーマンが「 なんとなくスピリチュアル的」なことに関してつづっています。

 

ニコール・リッチー

ニコール・リッチ、Wikipedia

 <Wikipedia>

名前:ニコール・リッチー ( (Nicole Camille Richie)

出身:バークレー、カリフォルニア

リッチーは黒人、クレオール、イギリス人、フランス人、メキシコ先住民、メキシコ人、チェロキー・ネイティブ・アメリカンスコットランド人、スペイン人の血を引いている。

両親:本当の父親はライオネル・リッチーのバンドのドラムを担当していたメンバーで(ピーターマイケルEscovedo)、実母は舞台スタッフ(カレン・モス)だという。

 

3歳でライオネル・リッチー(アメリカ黒人のポップスター)とその妻ブレンダ・ハーヴェイ・リッチーの元に引き取られ、9歳で正式に養女となる。

ライオネル・リッチー(Wikipedia)

 

通っていた高校でパリス・ヒルトンと出会い、友人となる。高校卒業後はアリゾナ大学では芸術とメディアを研究していましたが、2年後、退学してカリフォルニアへ戻りました。

1998年 アーティストTamiaとのミュージックビデオ「So into you」に出演

 

リアリティ番組「ザ・シンプル・ライフ」に出演していることで知られています。

シンプルライフ ~インターン編~ 前編 [DVD]

シンプルライフ ~インターン編~ 前編 [DVD]

  • 発売日: 2007/02/02
  • メディア: DVD
 

 

2005年 "ダイヤモンドについての真実 "を書いています。このフィクションはニコルの人生をベースにしたもの。ティーン・チョイス・アワードの「チョイス・テレビ・パーソナリティ」部門でノミネートされている。

 

2006年に「I call it Love」で養父 ライオネルリッチと共演

2007年後半、ニコール・リッチーは飲酒運転の容疑に直面し、『シンプル・ライフ』の共演者で友人でもあるパリス・ヒルトンと同じように実刑判決を受ける危険性があった。

 

2010年2月 結婚。

2010年9月「プライスレス」という小説を書いている。

2013年、リッチーはクリスティーナ・アギレラの曲「Let There Be Love」ビデオに出演

 

彼女はまた、作家のキャリアを追求してきたので、彼女は小説 

ニューヨークタイムズのベストセラーリストでは、この小説は32位にランクイン。

 

2010年には「ベストセレブファッションライン」部門でノミネートされている。

2013年には友人役としてアーティストのクリスティーナ・アギレラと「Let There Be Love」を行った。