リーマンのスピリチュアル立ち往生日記-eSpirituaLiterature

スピリチュアルを日々の生活に取り入れながらはたらくリーマン

クレオールのDNAを持つ政治家 コンドリーザ・ライス

このブログは、40代 iSpiritsリーマンが「 なんとなくスピリチュアル的」なことに関してつづっています。

 

今回は、ルイジアナクレオールの遺伝子を持つ政治家編です。

 

 <Wikipedia>

 

アメリカ同時多発テロ事件の時に国務長官として辣腕を振るった

アメリカ同時多発テロ事件の時に国務長官として辣腕を振るったライスから学べることが沢山あると思います。

 

彼女は、信心深く、幼い頃から忍耐力と信仰についての教訓を得たようです。

「日々祈ることで、神とつながり、それはスピリチュアルジャーニーです。

私たちは自問自答し、神との関係をよりよく理解しようと努めるべきです」と自伝で綴っています。

 

ルイジアナクレオール遺伝子をもつ米国ライス国務長官

 

名前:コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)

職業:アメリカ合衆国の政治家、政治学者。

パパ・ブッシュ大統領(ジョージ・ウォーカー・ブッシュ)のもとで国家安全保障問題担当大統領補佐官(第20代)や国務長官(第66代)を歴任しました。

 

 

彼女の顔に見覚えのある人はいると思います。

 

生立ち

1954年にアラバマ州バーミンガム市生まれました。

子供の頃、Condoleezza Riceはコンサートのピアニストになることを夢見ていました。

彼女の母親は教師として、彼女の父親は指導カウンセラーとして働いていました。

幼い頃、ライスは音楽に惹かれピアノを学び、音楽専攻として大学に入学しましたが、

しかし、国際政治のコースを受講した後、彼女はキャリアの願望を変えました。

彼女の国際的な音楽への愛は、国際外交での成功したキャリアにつながりました。

 

ライスは、祖母のテレサ・ハードネット(ルイジアナクレオール)から料理のスキルだけでなく、クレオールのルーツから政治的への強い関心を学んだようです。

 

祖母から教わったレシピ

2011年に英国テレビがコンドリーザ・ライスへのインタビューの際に、「我々に料理をふるまうとすると何を作るのか」を尋ねたところ、ライスは「祖母から教わったガンボを作りますね」と答えたそうです。

クレオール・ガンボ

祖母から学んだ政治的への関心

1800年代のルイジアナクレオール人は、 アメリカ人がニューオーリンズを占領した後、奴隷制に抑圧されたにもかかわらず絶えずこの制度に対して奮闘しました。

 

コンドリーザはレストランでクレオールを含む黒人専用のテーブルに座らなければならないということを痛感していました。


また、白人専用のお店では買い物をすることができない店がありました。
クリスマスには、白人のサンタクロースの膝の上に座ることもできませんでした。
おそらく彼女の最も悲劇的な記憶は、バーミンガムの黒人バプテスト教会の人種的動機による爆撃で遊び仲間のデニースマクネアが殺されたときのことです。

 

このクレオールの戦い続ける意志は、祖父からライスの父ジョン・ウェスリー・ライスへ、そして彼女へと脈々と伝えられました。

 

政治家へのキャリアを目指す

父親がコロラド州デンバー大学の教授に就任するのに伴い、15歳でデンバー大学に入学し政治学部を優等で卒業しました。

1975年 ノートルダム大学大学院での修士号を取得

1977年 カーター政権下でインターンとして働く

1979年、モスクワ州立大学でロシア語を学ぶ

デンバー大学国際研究大学院で博士号を取得

1980年 スタンフォード大学助教授としてキャリアを開始

1982まで民主党派だったそうです

 

スタンフォード大学では、彼女はいくつかの教育賞を受賞した。

1993年 スタンフォード州長官初の女性およびアフリカ系アメリカ人となった。

ライスはリーダーシップの下で大学を財政赤字から脱出した。

スタンフォードにいる間、彼女はまた、恵まれない生徒のための放課後プログラム、新世代センターを共同設立しました。この間にライスは政治におけるキャリアを積極的に追求しました。

 

1989年 ソビエト連邦事情に関してジョージH.W大統領に助言しました。

2000年 彼女はジョージWブッシュ大統領の下で国家安全保障顧問(

    初の黒人女性)

 

2004年アメリカ合 衆国国務長官に選ばれました。初のアフリカ系アメリカ人女性

インタビュー with Rice (Wikipedia9

Q: 国務省であなたの学歴からどのような知識が最も役立ちましたか?

A: ほとんどの教育機関は自ずから変化を望んでいないのです。
自らの伝統、規範、専門性を培ってきたのですから、その特権を手放すと思いますか?

 

私の経験から言えることは、教育機関は失敗すると経験から学ぶということ。
問題は、比較的成功している教育機関が新しい課題にどのように対応できるようにするかです。

9/11から学んだこと (アメリカ同時多発テロ事件)


私が9/11後の世界に適応しなければならない国務省を率いていることに気付いたとき、私が制度がどのように発展するかを研究したという事実は非常に役に立ちました。

 

3つの役立つこと
1.その機関が変化と困難にうまく対応した他の時期の絵を描く必要があるということです。
国務省では、第二次世界大戦後の国務省の対応について多くのことを話し、冷戦を成功させるための基礎を築きました。

 

2. 制度の中で、変化の方向性を裏付ける反物語を見つけることができれば。
国務省でやりたかったことの1つは、それをより遠征隊にすることでした。
ロンドンやパリなどの首都で政治報告をする人の数を減らすには、
さらに、カブールやバグダッドに軍隊を構えている人、さらにはガテマラの高地や

モザンビークエイズ診療所にいる援助労働者と一緒にいる人が増えています。
そして実際には、厳しい状況下でベイルート、コロンビア、シリアのような場所で奉仕していた部門の人々の伝統があることがわかりました。
私たちはその経験を向上させ、国務省の役員もこれを行うと言うことができます。
また、私たちがやりがいのあることにも目を向けました。
組織がxを行うべきだと言っているなら、
あなたはyに報いる
その後、人々はその信号を受け取ります。
国務省は、政治報告に対して約30の異なる賞を受賞しましたが、民間/軍事協力に対しては何もありませんでした。
そして人権支援のための非常に少数。
私たちが部門を取り込もうとしていた方向は、報われるものとは一致していませんでした

 

3. 

そして最後に、正しいことをしている人々に障害があるかどうかを確認する必要があります。
主に良い組織では、
国務省は確かに一つでした、
スタンフォードでも見つけました
人々は正しいことをしたい
—彼らは閉塞主義者になりたくない—
しかし、時には彼らが正しいことをするのを難しくするものがあります。

たとえば国務省では、バグダッドのような場所に行くためにアラブのスピーカーが必要でした、だからカイロのような場所から連れ出さなければなりませんでした。
しかし、彼らがカイロを離れた場合、彼らの家族はずっとアメリカに戻る必要がありました。そのため、彼らがバグダッドで奉仕している間、家族がカイロに滞在できるようにしました。

 

 

 

ライスはまた、国際関係について国民を教育するために精力的に活動しています。 2009年、国務長官としての彼女の任命が終了したとき、ライスは教育に戻った。彼女は2つの自叙伝を含む数冊の本を出版しています。現在、ライスはスタンフォード大学ビジネス大学院でグローバルビジネスと経済のDenning教授を務めています。

彼女はまた、ボーイズアンドガールズクラブを含むいくつかの会社の役員も務めています

。彼女はミュージシャンとしてのキャリアを追求しなかったが、ライスはピアノを弾き続けている。

彼女はまた、いくつかの慈善団体を通じて芸術を支援しています。

ワシントンDCで働いている間、ライスはレジャー活動としてゴルフを始めました。

2012年、彼女の余暇活動は彼女にもう1つ獲得しました。彼女は、オーガスタナショナルゴルフクラブ(80年間女性を排除してきた組織)に入会した最初の女性会員の1人となりました。